MENU

老人性イボの種類は大きく分けて4つ!種類別に徹底解説※

老人性イボと一言でいっても、いくつかその特徴によって種類が分けられます。

 

いざ出来てしまっても、自分のイボがどんなイボなのかを把握できないと対策のしようがありません。的確なケアをするためにもできるだけ早く治すためにも、自分のイボの種類はどれにあたるのか?ぜひチェックしてみてください!

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症は年齢を重ねるごとにできやすくなるイボの一つです。顔など紫外線が当たりやすい場所にできやすいく、一見するとホウロやシミのようで見分けはつきませんが、ひっかくとポロッと剥がれ落ちることもあります。

 

この老人性イボは良性の腫瘍なので、健康被害の心配はありません。放置してもガン化などの問題はないですが、見た目が良くないという理由から除去する人がほとんどですね。

 

皮膚科や美容外科などでも除去してもらえますが、さほど大きもない場合は自宅でのスキンケアでも十分対処できます。

 

アクロコルドン

アクロコルドンは脂漏性角化症と比べると突起が大きく、プクッと突起したり皮膚からぶら下がったような形になるものもあります。ただ、さきほどの脂漏性角化症と同じく良性の腫瘍なので、健康上の問題はありません。

 

大きさは数ミリ程度で、顔や首、胸元などにできるケースが多く、年齢とともに数も増えていく傾向にあります。

 

アクロコルドンは小さいものがおおいため皮膚科や美容クリニックなどでも比較的簡単に治療可能です。この場合は麻酔もなにもなくハサミで切除する場合が多いですね。

 

ハサミで切除など痛みが苦手な方は、多少時間はかかりますがイボ取りクリームなどで自宅でも取ることが可能なのでおすすめです。

 

スキンタッグ

スキンタッグは、アクロコルドンが成長してより突起がプクッと大きくなったものをいいます。見た目や大きさが多少違うだけで、こちらも良性腫瘍なので見た目が気にならなければ放置していても健康上の問題ありません。

 

ただ、首などにできた場合には突起があるため洋服やネックレスなどが引っかかったりするケースもあり、美容面や生活上の不便さから除去する人が多いですね。

 

そういった摩擦によって炎症を起こす場合もあるので気になる場合は早めに対処したほうがいいでしょう。

 

こちらもイボ取りに効くクリームを塗り込むことでポロッと取ることもできますが、今すぐにでも除去したいという方は皮膚科や美容クリニックなどで除去するといいでしょう。

 

液体窒素やレーザーで除去するのが一般的ですが、中には跡が残るケースもあるので顔や首など目立つ場所は注意が必要です。

 

懸垂性線維腫、軟性線維腫

懸垂性線維腫(軟性線維腫)はスキンタッグやアクロコルドンが成長し大きくなったもので、大きさとしては直径5ミリ以上、皮膚から垂れ下がるほどの状態になったものをいいます。

 

これも加齢とともに出来やすくなる傾向はありますが、どちらかというと体質や遺伝的なものよる影響が大きいと考えられています。

 

良性のイボなので健康被害もなく、ウイルス性もないので人にうつったり大量に発生したりすることはありませんが、見た目的も目立つので早めに除去してしまったほうがいいでしょう。

 

皮膚とくっついている部分の面積にもよりますが、皮膚科や美容クリニックなどではさみや電気メスなどで簡単に切除してもらえます。こちらも跡が残る可能性があるので顔などに施術する場合は注意しましょう。

このページの先頭へ