MENU

一体なぜ?老人性イボが出来る原因とは?

加齢とともにいつの間にか出来てしまう老人性イボ。

 

早ければ20代~30代でも出現することがあり、顔や首だけでなく胸元や脇腹などにもできやすて、それがあるだけで一気におばちゃん感が出てしまいます・・。

 

老人性イボは腫瘍の中でも良性の腫瘍なので、人体や健康に被害があるわけではないですが、美容の面からみるとやっぱり美しくはないですよね。

 

できれば出来て欲しくないですし、出来たらなんとか取りたいと思うのが普通だと思います。

 

では、そもそも老人性イボはなぜ出来てしまうのでしょうか?まずは原因やそのメカニズムをしっかりと理解することで、具体的な対処や予防ケアに役立てることができるのでぜひチェックしておきましょう。

 

老人性イボが出来る原因、メカニズムとは?

老人性イボは、簡単にいうと皮膚の老化現象の一つです。比較的若い人でもできますが、高齢になってくるとほとんどの人にできるものなんです。

 

80代では100%の人に出来ると言われるほどですからね。なので、とくに理由はなくとも年齢を重ねること自体が原因の一つとも言えます。

 

ただ老化による要因だけでなくもう一つの大きな元凶、それが紫外線なんです。

 

私たちが紫外線を浴びると、カラダが皮膚を守ろうと表皮でメラニン色素を作って、その下の真皮まで紫外線が届かないようブロックしようと働きます。こうして作られたメラニン色素は、通常はお肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって徐々に皮膚の表面まで押し上げられて、垢(あか)として角質などと一緒に剥がれ落ちていくわけですね。

 

ところが、紫外線を浴び続けすぎたり、加齢によってこのターンオーバーの周期が遅くなったり衰えたりすると、生成されたメラニン色素が排除しきれず蓄積されてシミになってしまいます。恐いですよね。

 

もちろんシミの原因は紫外線だけではありませんが、こういった紫外線が原因でできるシミは老人性色素斑と呼ばれ、シミの原因では最も多いと言われています。

 

 

で、老人性イボができるメカニズムですが、このシミとまったく同じです。老人性色素斑がさらに成長して盛り上がってできることもありますし、表面が硬くなったりザラザラに変化して老人性イボになってしまうケースも多いんですね。

 

老人性イボは若いうちに出来ることもありますが、60代では約80%の人に、80代になるとほぼ100%の人に見られると言われています。これからも老化による新陳代謝の低下と、紫外線ダメージの量が大きく関係していることがわかりますね。

 

ただもう一つ、遺伝的な要因もあると言われていて、すべての原因がこれだけとは一概には言えません。両親や家系などを見ればある程度わかりますが、遺伝的に出来やすい人は年齢関係なくできやすい体質というわけですね。

一般的に老人性イボとわかりやすく呼ばれていますが、正式名称としてはこれは「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」や「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」と呼ばれるそうです。

 

まぁこれは全然覚えなくてもOKですが、知識として知っておくと情報収集の幅が広がりますよ!

 

老人性イボの発生、再発を予防する!3つのケア方法とは?

 

このページの先頭へ