MENU

老人性イボが出来やすい場所、出来やすい人の特徴って?

老人性イボにはできやすい場所というものがあり、さらにはできやすい人というのも存在します。

 

もちろん例外はありますが、目安として自分は当てはまるかチェックしてみるといいでしょう。

 

老人性イボが出来やすい場所って?

老人性イボは全身にできる可能性がありますが、基本的には日光がよくあたりやすく皮膚が柔らかく薄い場所に出来やすい傾向にありあす。多いのは目の周りなど顔全般、首、胸元、デコルテ、脇腹やおなかなどですね。

 

人によってできる場所はもちろん違いますし、できる数も違ってきます。一つだけプクッと大きめのものができる人もいれば、小さいプツプツが大量に発生するなどさまざま。

 

多くの場合は治っても再発するなど同じ場所に出来やすい傾向にはありますが、一概に言えないのもまた事実です。

 

老人性イボが出来やすい人って?

老人性イボは性別かかわりなく男性、女性に発生するものですが、その名の通り加齢による要因が大きいことから、やはり更年期を過ぎた中高年に多く見られるのはたしかです。

 

もちろん20代や30代でも出来ても不思議ではないのですが、例えば60代くらいでは約80%の人に、80代になればほぼ100%の人にできていると言われています。

 

また、老人性のイボには加齢や紫外線だけでなく遺伝的な要因も指摘されています。もともと体質的にイボが発生しやすい人、そうでない人がいるので自分の家系や両親にも目を向けてみるのも一つでしょう。

 

あとはどちらかというと肥満気味の人、糖尿病を患っている人、妊娠中や出産後の女性にも発生しやすいと言われています。

 

まとめ

一般的に老人性イボができやすい場所や年齢層などはありますが、それもあくまで一般的に多いという話です。自分が少し違っているからといって変に不安になることはありません。

 

また、老人性のイボにもいくつか種類や特徴があるので、良性の腫瘍かたしかめるためにも以下の記事もチェックしてみてください。

 

老人性イボの大きさや色は?特徴をチェックする

 

老人性イボは4タイプあり!あなたの症状は?

このページの先頭へ